松尾観音寺
三重県伊勢市
楠部町松尾山
TEL:0596-22-2722
FAX:0596-22-2759
松尾観音寺とは
年間行事
交通・アクセス
奉賛会のご案内
十八会
携帯からはこちら
qrcode
悠久の時を越え・・・今に
  
    〜
 悠久の時を越えた祈りの聖地

  開山1300年記念大法要 秘仏特別開帳

 ◎日時:平成24年11月18日(日)
      10時〜法要
      11時〜16時まで  開帳特別祈祷(百年祈祷)

 ◎秘仏特別開帳(10時〜16時まで)

開祖行基菩薩御作 本 尊 :十一面観世音菩薩
     〃             右脇仕:毘沙門天
      〃             左脇仕:地蔵菩薩
                    前 立:十一面観世音菩薩
                   (平安時代、作不明)


電車・バスでお越しの方
<近鉄線ご利用の場合>
◎近鉄宇治山田駅
・三重交通バス伊勢新ジャスコ行き乗車
松尾観音前で下車徒歩5分。
◎五十鈴川駅
・三重交通バス伊勢市駅・宇治山田駅行き乗車
徴古館前下車徒歩15分
・タクシー乗車5分

<JR線ご利用の場合>
◎JR伊勢市駅
・三重交通バス伊勢新ジャスコ行き乗車
松尾観音前下車。徒歩5分。

バスの詳しい時刻表や運賃などは
三重交通(株)のホームページをご覧ください。
こちら>>>>
http://businfo.sanco.co.jp/

松尾観音寺の歴史・由来

 龍池山 松尾観音寺』は、約1300年前の奈良時代始め(712年)、当時の高僧「行基」が伊勢神宮参拝の折、この松尾山に雄・雌の龍が住むと伝えられる池が有ることを知り、その池のほとりに自ら観音様を刻み寺を創建したと伝えられております。

 その後は、伊勢国の国司であった北畠(きたばたけ)氏が祈願寺として守護し、その後、北畠家一統の木造(こつくり)氏が氏寺として守護してきました。

 当寺は、創建以来、本山も末寺も檀家も持たず、いずれの既成宗派にも属さない“単立”という特異な形態の祈願寺で、霊験あらたかなご本尊『十一面観世音菩薩』と脇仕の『地蔵菩薩』『毘沙門天』と龍神伝説に因み、「災難除け」「縁結び」などにたいへんご利益があるとされたくさんの参拝者が訪れます。

 現在の「本堂」は、約200年前の文政3年、総欅(そうけやき)造りで建てられ(木造長郷氏による寄進)、本堂正面一面に彫られた 欅一刀彫り龍神欄間(けやきいっとうぼり りゅうじんらんま)や、江戸時代流行となったお礼奉納の絵馬や額、約100点が収められています。

また「観音堂」は、平成10年に地元有志の発起により、全国各地の信者様からの浄財で再建されたもので、宝を授けて下さると言い伝えられる『聖観世音菩薩』をお祀りし、観音護摩奉修、座禅会なども行っております。

龍神伝説
本堂裏にある二つ池(龍池)と呼ばれる2つの池には、昔から東の池には雄龍、西の池には雌龍がそれぞれ住んでおり、観音様をお守りになっていると言われています。

今から約600年前の応永10年5月、本堂が火災に遭った際、池からその尊い二体の龍神さまがお姿を現わされました。

雄龍は燃え盛る炎を飲み込みながら舞い降り、観音様を自らの体で幾重にも巻き付け、また、雌龍は何度も池の水を炎に吹きかけ観音様を火災からお守りになったという伝説が残っております。

当寺では、この火災以降、毎月末600年の間かかさず「二ツ池」(龍池)へ御酒・卵・饌米をお供えし、お礼参りをしております。

こうした“龍神伝説”の残るこの寺は、いつしか自らが災難から逃れられた観音様と龍神様の開運招福の霊験があらたかな寺として知れわたり『災難除け』の御利益と、雌雄の二匹の龍神様が力を合わせて観音様を護られたということから『縁結び』『子授け』『安産』に御利益があると言われるようになりました。


こちらの画像をクリックして頂きますと
『龍神伝説』のアニメーションがご覧いただけます。
(参考サイト:観光三重)

龍神伝説アニメーション

※音声が自動再生されますので、ご注意ください。
周辺地図





>>こちらをクリックすると、
大きい地図でご覧いただけます。

十八会とは
 十八会(トワカイ)とは・・・

平成12年、市内外に住む青年有志が集まり松尾観音寺を賑わす為に結成された会です。現在会員は22名で、毎月18日の観音市や教育委員会と合同で夏休み体験実習などを企画運営しています。

◆お問い合わせ先◆
0596−22−2722
(10時〜15時まで)
十八会 事務局

奉賛会とは
奉賛会とは・・・

昭和43年9月に発足した、
寺を支援する組織です。
松尾観音奉賛会と言い、
大祭の奉祝行事、境内の整備、
松尾詣の普及などの活動を続けております。

趣旨にご賛同いただけます方は、
会員様の募集も年間を通し致しておりますので
是非ご入会頂ければ幸いです。

詳しくは当寺までご連絡ください。


TEL:0596-22-2722
FAX:0596-22-2759
<< | 2/2PAGES |